ヘアオイルの選び方

ヘアオイルの選び方

ヘアオイルは、シャンプー後の仕上げや髪が乾いている状態のときにつけるトリートメント効果のあるオイルです。 ここでは、ヘアオイルの選び方を紹介します。 さらっとした手触り ヘアオイルにはさまざまな質感のものがありますが、水に近いさらっとしたものの方が使い勝手がよいでしょう。手のべたつきも軽減され、髪がペタッとなるのを防げます。 軽やかなヘアスタイリングのためにはテクスチャーが大変重要です。 香りが強すぎない あまり香りが強い製品は避けましょう。周囲への迷惑にもなりますし、人工的な香料が使われている場合もあります。どんなにいい香りでも、あまりにきつい匂いを振りまくのは、女性として避けたいものです。 天然由来の成分 植物から抽出されているなど、天然由来の成分を選びましょう。人工的な成分は髪のダメージを蓄積していってしまいます。 もっと »

洗髪のコツ

洗髪のコツ

美しい髪を作るヘアケアで一番大切なのが洗髪です。 こちらのページでは、髪を洗う際のコツを紹介します。 シャンプー前のすすぎ シャンプー前に長めに髪の毛をすすぐようにしましょう。 どんなに短くても1分半はすすいでください。このすすぎでほとんどの髪の汚れが落ちるとも言われています。 よくすすぐことで、シャンプーの泡立ちも良くなります。 手で泡立ててからシャンプーする シャンプーを手に取ったら、さっと手でもんでからそのまま髪につけていませんか? 実は、やはり30秒〜1分ほど手で泡立ててから髪につけると、効率的に汚れを落とせます。 かなり長く手の上で泡立てるので、シャンプーは1プッシュ程度で十分です。 ゴシゴシ洗わない 髪を洗うときは泡で髪を包むようにして優しく扱いましょう。ゴシゴシ洗うと摩擦で髪を痛めてしまいます。 もっと »

トリートメントの種類

トリートメントの種類

どんなトリートメントを使うかで、髪の美しさが決まります。 ここでは大きくわけて2種類あるトリートメントの特徴と使用時のポイントをお伝えします。 お風呂で使うトリートメント インバストリートメントは、シャンプーの後に使うトリートメントです。 シャンプーでキューティクルが開いた状態に馴染ませ、内部から傷んでしまった髪の修復、ケアができます。 ポイントはすぐ洗い流すという説明がない限り、5分程度置いてなじませること。時間を置くことで成分が髪にしっかり浸透します。 お風呂の後に使うトリートメント お風呂を出た後、タオルドライとドライヤーの間に使うアウトバストリートメントは、髪を成分でコーティングし、ドライヤーの熱や紫外線から髪を守る保護の役割を果たします。 ポイントは必ず髪を乾かす前につけることです。洗い流す必要はありません。 もっと »

 

ブローのコツ

このページでは、健康的で美しい髪を作るため、洗髪後のブローで気を付けたいことを紹介します。

タオルドライを念入りに

ドライヤーを使う前にタオルで水気をよくとります。乾きにくいうなじなどは髪を引っ張ってよく乾かしましょう。7割くらい乾かすのが理想です。

流さないトリートメントなどはタオルドライの後つけましょう。

ブラシを使う

ドライヤーで温風をかけながら、毛先を引っ張りながらブラシでとかします。ブラシで少し内巻きになるようにとかしながら乾かすと、崩れにくくまとまりやすいスタイルになります。

冷まして仕上げをする

ドライヤーを切った後は、髪の毛を手で引っ張ったまま、毛先を冷まします。

この冷ます工程により髪に艶が出るので、必ず行うようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *